IISにOSSをインストールするための情報サイト [IIS de OSS 64bit]

IIS de OSS 64bit > OS一覧 > Windows Server 2008の特徴

このページではサーバとしてのWindows Server 2008 R2の特徴を挙げています。クライアントOSであるWindows7と共通する改善点については[[]]または[[]]を見てください。

低消費電力

  • インストール直後の状態で比較
    OS消費電力
    Windows Server 2003 R2 x64215W~217W
    Windows Server 2008 R2157W~160W
  • 周波数の操作:サーバ負荷に応じてクロック周波数を相当低下させて処理をする
  • コアパーキング機能:使っていないコアの動作を停止させる機能

→つまり、CPU利用率が100%の時の消費電力は変わらない。通常稼働時の消費電力が少ない。サーバが常に100%フルで動作する事ってありえないので、この改善は大分助かると思います。

仮想化

bcpeditを実行するとHyper-V上のVHDにある仮想OSをハードウェア上から直接起動できるようになる Windows展開サービス(Windowsを一斉にインストールする仕組み)でもVHDファイルを指定する事が出来る

P2Vユーティリティを利用すると物理環境をVHD環境に移行する事が出来る。 (実際にP2Vをやった方の話ではRAIDなどハードウェア周りの扱いが難しいらしくハマるらしい。)

コメント


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ
Last-modified: 2010-02-21 (日) 09:30:18 (3164d)