IISにOSSをインストールするための情報サイト [IIS de OSS 64bit]

IIS de OSS 64bit > Windows Azure+CMS/ポータル OSS一覧 > Windows Azure Pliggインストールドキュメント

▼目次

▼イメージ

pligg_1.jpg

概要

OSS名
(Name)
バージョン
(Version)
言語
(Lang)
動作チェック
(Check)
公式サイト
(Official)
Pligg1.1.2PHPOK

サンプルURL

準備

  1. Windows Azure Companionのインストール
  2. Windows Azure CompanionからMariaDBとphpMyadminのインストール
  3. phpMyadminからMariaDBのDB作成(DB:pligg,user:pligg,pass:xxxxx)

インストール

  1. 公式サイトより該当バージョンのzipをDLしeXtplorerにてAzureの一時フォルダにアップロード
  2. アーカイブを一時フォルダ上で展開
  3. 展開してできたpliggフォルダを/pliggとなるように移動
  4. eXtplorerを利用して以下の編集を行う
    1. /pligg/languages/lang_english.conf.defaultをlang_english.confに名前変更
    2. /pligg/bannedips.txt.defaultをbannedips.txtに名前変更
    3. /pligg/settings.php.defaultをsettings.phpに名前変更
    4. /pligg/local-antispam.txt.defaultをlocal-antispam.txtに名前変更
    5. /pligg/libs/dbconnect.php.defaultをdbconnect.phpに名前変更
  5. ブラウザで「http://example.cloudapp.net/pligg/install/install.php」にアクセス
    1. 言語選択画面で「English」をクリック
    2. 「Step 1」画面で「Next」をクリック
    3. 「Step 2」画面で以下のようにDB接続情報を入力し「Check Settings」をクリック
      設定項目設定値(例)
      Database Namepligg
      Database Usernamepligg
      Database Passwordpassword
      Database Serverlocalhost:20003
      Table Prefixpligg_(デフォルトのまま)
    4. 「Step 3」画面で接続が成功したことを確認し「Next」をクリック
    5. 「Step 4」画面で管理者情報を入力し「Create Admin Account」をクリック
    6. 「Step 5」画面が表示されるのでブラウザを閉じずそのままにしておく
  6. eXtplorerを利用し以下の編集を行う
    1. /pligg/libs/dbconnect.phpの権限を644に変更する
    2. /pligg/installディレクトリを削除する
  7. 作業中のブラウザに戻る
    1. 画面中の「admin area」をクリックし管理画面にアクセスする
  8. 管理画面の動作確認を行う
  9. フロント画面の動作確認を行う

備考

  • なし

コメント

他のOSS

前のOSS:Xoops

次のOSS:SiteManagr


添付ファイル: filepligg_1.jpg 230件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ
Last-modified: 2011-03-22 (火) 16:54:03 (2739d)