IISにOSSをインストールするための情報サイト [IIS de OSS 64bit]

IIS de OSS 64bit > Windows Azure+CMS/ポータル OSS一覧 > Windows Azure MODxインストールドキュメント > Windows Azure MODx1.0.4J-r5 インストールドキュメント

Windows Azure MODx1.0.4J-r5 インストールドキュメント

▼目次

▼イメージ

modx_1.jpg

概要

OSS名
(Name)
バージョン
(Version)
言語
(Lang)
DB日本語動作チェック
(Check)
公式サイト
(Official)
MODx1.0.4J-r5PHP5.2.13MariaDB5.1.50OKOKhttp://modxcms-jp.com/

サンプルURL

画面URL
フロント画面http://example.cloudapp.net/modx/
管理画面http://example.cloudapp.net/modx/manager/

準備

  1. Windows Azure Companionのインストール
  2. Windows Azure CompanionからMariaDBとphpMyadminのインストール
  3. phpMyadminからMariaDBのDB作成(DB:modx,user:modx,pass:xxxxx)

インストール

  1. 公式サイトより該当バージョンのzipをDLしeXtplorerにてAzureの一時フォルダにアップロード
  2. アーカイブを一時フォルダ上で展開
  3. 展開してできたフォルダを/modxとなるようにリネームして移動
  4. eXtplorerを利用し以下の編集をする
    1. /modx/assets/snippets/weblogin/weblogin.processor.inc.phpの95行目 変更前
      if($_SERVER['SERVER_PORT']!='80') {
      変更後
      if($_SERVER['SERVER_PORT']!='80' && $_SERVER['SERVER_PORT']!='20000') {
    2. /modx/install/index.phpの25行目 変更前
      if ($_SERVER['SERVER_PORT'] != 80)
      変更後
      if ($_SERVER['SERVER_PORT'] != 80 && $_SERVER['SERVER_PORT'] != 20000)
    3. /modx/install/index.phpの27行目 変更前
      $installBaseUrl .= ($_SERVER['SERVER_PORT'] == 80 || isset ($_SERVER['HTTPS']) || strtolower($_SERVER['HTTPS']) == 'on') ? '' : ':' . $_SERVER['SERVER_PORT'];
      変更後
      $installBaseUrl .= ($_SERVER['SERVER_PORT'] == 80 || $_SERVER['SERVER_PORT'] == 20000 || isset ($_SERVER['HTTPS']) || strtolower($_SERVER['HTTPS']) == 'on') ? '' : ':' . $_SERVER['SERVER_PORT'];
    4. /modx/install/instprocessor.phpの221行目 変更前
      if ($_SERVER[\'SERVER_PORT\'] != 80)
      変更後
      if ($_SERVER[\'SERVER_PORT\'] != 80 && $_SERVER[\'SERVER_PORT\'] != 20000)
    5. /modx/install/instprocessor.phpの223行目 変更前
      $site_url .= ($_SERVER[\'SERVER_PORT\'] == 80 || (isset ($_SERVER[\'HTTPS\']) && strtolower($_SERVER[\'HTTPS\']) == \'on\') || $_SERVER[\'SERVER_PORT\'] == $https_port) ? \'\' : \':\' . $_SERVER[\'SERVER_PORT\'];
      変更後
      $site_url .= ($_SERVER[\'SERVER_PORT\'] == 80 || $_SERVER[\'SERVER_PORT\'] == 20000 || (isset ($_SERVER[\'HTTPS\']) && strtolower($_SERVER[\'HTTPS\']) == \'on\') || $_SERVER[\'SERVER_PORT\'] == $https_port) ? \'\' : \':\' . $_SERVER[\'SERVER_PORT\'];
  5. ブラウザからフロント画面にアクセス
    1. 「今すぐインストールしますか?」と表示されるので「はい」をクリック
    2. 「インストールの選択」画面で「進む >」をクリック
    3. 「データベース設定」画面で以下を参考にデータ入力をし「ここをクリックして、接続テストを行ってください。 」をクリック
      設定項目設定値(例)備考
      データベースホスト名localhost:20003ポート番号を忘れずに
      データベース接続ログイン名modx
      データベース接続パスワードxxxxx
    4. 「DBホストとの接続テストの結果: 接続できます」と表示されたのを確認し以下を参考にデータ入力をし「ここをクリックして、データベースのテストを行なってください。」をクリック
      設定項目設定値(例)備考
      データベース名modx
      Tableプリフィクスmodx_デフォルト値
      接続時の文字セットの扱いSET CHARACTER SETデフォルト値
      照合順序utf8_general_ciデフォルト値
    5. 「データベースとのマッチング: 問題ありません」と表示されたのを確認し管理者アカウントを入力し「進む >」をクリック
    6. 「インストールオプションの選択」画面で任意のオプションを選択し「進む >」をクリック
    7. 「インストール前の状態確認」画面で問題ない事を確認し、ライセンス同意にチェックを入れる
    8. 「インストール >」が表示されるのでクリック
    9. 「インストールを実行しました。」画面が表示され無事インストールが完了したことを確認し、「インストールディレクトリを自動的に削除する」にチェックを入れ「インストール終了」をクリック
    10. ログイン画面が表示されるのでIDとパスワードを入力しログイン
  6. 管理画面の動作確認を行う
  7. フロント画面の動作確認を行う

コメント

他のOSS

前のOSS:MODx2.0.4-pl2-J

次のOSS:NetCommons


添付ファイル: filemodx_1.jpg 376件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ
Last-modified: 2010-12-16 (木) 06:54:24 (2839d)