IISにOSSをインストールするための情報サイト [IIS de OSS 64bit]

IIS de OSS 64bit > IIS+メーリングリスト OSS一覧 > IIS Mailmanインストールドキュメント

このOSSは動確認できていません。いつかは動かせるようにしたいですね~。

概要

OSS名
(Name)
バージョン
(Version)
言語
(Lang)
動作チェック
(Check)
公式サイト
(Official)
Mailman2.1.11Python▲(SMTP未設定)

準備

いろいろ(詳しくはインストールの項目に羅列)

インストール

  1. 公式サイトより該当バージョンをDL
  2. 解凍したファイルをデスクトップに展開
  3. cygwinでpythonをインストール
  4. cygwinでmakeをインストール
  5. cygwinでgccをインストール
  6. cygwinで現在のユーザのGIDを確認
  7. cygwinでIUSRのUID,GIDを確認
  8. IISを介して作成されたディレクトリをつくり、XCOPYでwwwroot配下にmailmanを作成する
    →cygwin上UIDとGIDが同一(IUSR)に見えるディレクトリを作りたい
    xcopy /T /X xxxx inetpub\wwwroot\mailman
  9. chmod 2777 mailman
  10. WindowsでC:\inetpub\wwwroot\mailmanの所有者をIUSRに変更
  11. cygwinの/etc/passwdに以下を追加
    IUSR:unused_by_nt/2000/xp:4294967295:4294967295::/home/IUSR:/bin/bash
  12. cygwinの/etc/groupに以下を追加
    IUSR::4294967295
  13. cygwinに/home/IUSRディレクトリを作成、適当な権限を付与
  14. bash configure --prefix=/cygdrive/c/inetpub/wwwroot/mailman --with-python=/bin/python.exe --with-cgi-ext=.py --with-mailhost=example.com --with-urlhost=example.com --with-username=IUSR --with-groupname=IUSR --with-mail-gid=None --with-cgi-gid=IUSR
  15. make
  16. make install
  17. bin/check_perms -f
    →windowsの特性上どうしてもエラーが出ちゃうと思う。一度実行したら気にせず進めてみる
  18. Mailman/MailList.pyの273行目の<site>を_site_に変更
  19. bin/newlist --urlhost=example.com --emailhost=example.com mailman mania@example.com yourpassword
  20. bin/config_list -i data/sitelist.cfg mailman
  21. すべてのディレクトリの所有者をIUSRに変更(GUIで)
    →SFUがあれば楽
  22. mailmanディレクトリにて
    chmod -R u+r *
    chmod -R u+w *
    chmod -R u+x *
  23. IISマネージャで、wwwroot/mailman/cgi-binをmailmanとしてアクセスできるように仮想ディレクトリを設定
  24. cgi-binの中の*.py.exeの.exeをすべて取り除く
  25. mailmanのハンドラマッピングを設定(*.pyに対し、モジュール:cgiModule のマッピング)
  26. http://example.com/mailman/admin.py にアクセスし、動作確認
  27. eximの設定
    1. C:\cygwin\ext\exim.confの編集
      1. はじめのほうに以下の記述を追加
        MAILMAN_HOME=/cygdrive/c/inetpub/wwwroot/mailman
        MAILMAN_WRAP=MAILMAN_HOME/mail/mailman
        
        # Mailman のユーザとグループ. Mailman の configure スクリプトに与えた
        # --with-mail-gid スイッチと一致しなければいけない.
        MAILMAN_USER=IUSR
        MAILMAN_GROUP=None
    2. begin routersの下あたりに以下の記述を追加
       mailman_router:
         driver = accept
         require_files = MAILMAN_HOME/lists/$local_part/config.pck
         local_part_suffix_optional
         local_part_suffix = -bounces : -bounces+* : \
                             -confirm+* : -join : -leave : \
                             -owner : -request : -admin
         transport = mailman_transport
    3. begin transportsの下あたりに以下の記述を追加
       mailman_transport:
         driver = pipe
         command = MAILMAN_WRAP \
                   '${if def:local_part_suffix \
                         {${sg{$local_part_suffix}{-(\\w+)(\\+.*)?}{\$1}}} \
                         {post}}' \
                   $local_part
         current_directory = MAILMAN_HOME
         home_directory = MAILMAN_HOME
         user = MAILMAN_USER
         group = MAILMAN_GROUP
    4. exim再起動
      net stop exim
      net start exim

備考

なし

コメント

他のOSS

前のOSS:PostMail

次のOSS:PHPList


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ
Last-modified: 2010-02-21 (日) 09:29:30 (3189d)